読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われたくないと思った時点で、多分嫌われている。

愚痴とか、希望とか、思い出とか、好きな物とか、そんなものの寄せ集め。テリーヌみたいなもん。違うか。

本を読んでも友達はできない話。

日々の小言

読書や映画が好きって共通点があっても、

元々の趣向が違っていれば本や映画について話し合うなんて無理なもので。

 

これ面白いから読んで!って言った本を、

妻に勧めてみたけれどもあまり好きではなかったり、

かと思えば、妻が見に行きたいって言ってた舞台を一緒に見に行って、

最初それほど興味がなかったもののいざ見てみれば

「いやー、めっちゃ面白かったね!この劇団、次の公演いつかな、あの俳優、だれだっけ、ほんと多部ちゃん可愛いよね!」っつって、

あんた最初全然興味なかったじゃんオーラを放つ妻の冷たい視線をかわしながらJRへ向かう帰り道はいつもカナリア色ってね。

 

なにがいいたいのかって言えば、

好みの押しつけに反対ってだけなんだけれども、

自分の好きな物は誰かにその良さを知ってもらいたいからこそお勧めするわけで、

でもそれが相手の好みに沿ってなかったらそれはありがた迷惑と呼ばれる行為で、

あいつにお勧め聞いてもよくわからんものしか勧められんから

あいつにお勧め聞くのはお勧めせんわって話になってその結果僕の周りから

人がいなくなっていく訳で、僕の周りはいつもドーナツ化現象

 

それでも離れていかなかった妻にマジ感謝、リスペクト。

今日も大音量でラッパ我リヤかけてやるから待ってろよ。つって。

 

イエーと言えー!

 

うん。

 

僕が勧めたものを誰かが好きになることはほとんどなくて、

コレいいよって勧められた物は結構好きになる事は多い。

これはどういう事かなのかと考えてみると、

いや、今までは他人の勧めるモノを素直に受け入れられる僕かっこいい、って思ってたけれど実際のところそうではなくて、

あれだね、誰かにモノを勧めるってことは、相手の事を考えてるかどうかが大切なんだよね。

 これならあいつの好きな物と共通点あるからいいんじゃないかっていう、

進めてくれる人の懐の深さに気がついてなかっただけだったっつう。

 

マジ感謝。

 

そら松尾スズキが好きな妻に村上春樹勧めたって響かねえよ。

スカパラが好きだっていってんのに、syrup16g勧めたって意味ねえよ。

でもな「中国行きのスロウ・ボート」に入ってる短編の「午後の最後の芝生」はマジ名作だからそこんとこよろしく。

ほんでな「HELL SEE」は全編通して捨て曲ないから、どうしてもっていうんだったら「(This Is Not just)Song For Me」は名曲だからそこんとこもほんとによろしく。

 

つってたら眼鏡の鼻当ての部分が壊れた。

眼鏡、誕生日に買ってあげようかっていったじゃん。

と背後でにやにやしながら言う妻を尻目に、僕、接着剤と仲良くなって。

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃんの重力の話。もしくは世界の中心で危ないと叫ぶ。

日々の小言

虫いるでしょ。虫。

あの、明るいところに一直線で向かっていくやつ。怖いですよね。

あの虫みたいに、おばちゃんって急に近寄ってきません?

特に自転車に乗ってるおばちゃん。

あれって、おばちゃんに見えてるけど、本当は虫なのかな。

うん。違うな。

 

自転車で走ってると、よくおばちゃんとすれ違います。

ムダに事故りたくないので、おばちゃんの走ってくる方向を見定めて、

僕もぶつからないように進路を決めるんですよ。

 

で。

ちょっと進むとおばちゃんの進路が微妙にずれてるんですね、さっきと比べて。

で、また僕は修正するんですよ。ぶつからないように。

 

よし、コレで大丈夫だろうと思えるくらいに距離をとってまっすぐ走って、

おばちゃんとすれ違う瞬間、

なぜかおばちゃん、僕のギリギリ横にいるんです。

で、ぶつかりそうになって、

「あぶなーい!」

って叫ぶんです。

耳元で。凄い怖い。

 

で、なにこれ。って思って。

 

おばちゃんが危ないって叫ぶって事は、

僕が悪いってことですよね。

おばちゃんが悪かったら

「ごめんなさーい!」

って叫びますもんね。

耳元で。まあ、それも凄い怖いけど。

 

僕は気をつけて距離を置いてたはずなのに、

いつのまにかおばちゃんの隣にいる。

でもおばちゃんは悪くないってことは、僕が悪いってことになる。

それがどういう事かといえば、僕は離れていこうとしてたのに、

離れていくどころか近づいてしまっていた、って事になる。

 

しかし、しかしだよ。

僕は意識をしっかり持っておばちゃんから離れようとして、

身体も僕が意識した通り、離れていくように動いていた。

現に目視で距離も測っていたし、安全だと思って自転車を漕いでいた。

 

しかし結果として、僕はおばちゃんとふれ合えるほど近くにいた。

そう、キスできる程に近く。

 

ということは、僕とおばちゃんの間には、

人間の力では制御できない何かが存在するのではないか。

いったい、冷静(僕)と情熱(おばちゃん)の間になにがあるのか。

 

これが今日の議題です。

 

物を引き寄せる力、といえば、何が思い出されるでしょう。

男の視線を引き寄せるものはエロで間違いないですが、

自転車を漕いでいるおばちゃんにエロはなく(もちろん場合によりけりでとてもある人もいる)、引き寄せられたのは目線ではなく僕自身だったのでこれは違うでしょう。

次にあげられるのは幸運を引き寄せるといわれる風水

昔のバイト先に、金運を引き寄せる為に黄色の財布を持って、

手のひらの大陽線グリグリに金色の線書き足していたおばちゃんがいたのですが、

あの人は元気でしょうか。

ちゅうかもし自転車のおばちゃんが風水師なら落とし穴回避できるはずだし(アビリティ)、そんなら自転車をよけるのなんてわけないだろうし、

引き寄せられたのがお金ではなく僕だということで、

風水も違うと。

 

あと引き寄せるっていったら、

やっぱ重力だよね。

地球がリンゴをひきよせたように、おばちゃんが僕を引き寄せたのだ。

それしかない。

そうじゃないと説明つかないもん。

いや、ほんとに。

おばちゃんが近寄ってきていたのでなく、

僕が、もしくは僕と地球が、おばちゃんの重力に引っ張られたわけだ。

おばちゃんの重力によって。

すなわち、おばちゃんは動いてないから悪くない。

勝手に引っ張られてきた僕が悪い。

だからこその「あぶなーい!」なわけだ。

おばちゃんが中心で、すべての物がおばちゃんに向かって引っ張られていく。

世界の中心は、おばちゃんなのだ。

 

多分地球が自転しながらも公転できているのは、

太陽だとか月だとか、もちろん地球の重力とかでもなく、

おばちゃん達の重力が引き合っているからなのだろう。

 

なので僕は自転車を降りてすいませんでしたと謝りながら、

地球を守っていてくれてありがとう、とおばちゃんに心の中で感謝したのだ。

 

話変わって、夏になるとおばちゃんがよくかぶってるサンバイザーあるじゃないですか、フルフェイスで可動式の。鉄工所の人が使ってる火花避けみたいなやつです。

 

あれかぶってるおばちゃん、すげー虫っぽいよね。

だからやっぱり、自転車に乗ってるおばちゃんって、虫なのかもしれない、

と思った午後5時半。

 

老人に席をゆずれだとかいう前に老人はまず優先席に座ってほしい話。

日々の小言

タイトルで言いたかった事が大体書けたので満足です。

以上。

 

いや、これじゃあ伝わりきらないか。

若い人間が優先席に座ってるだけで文句言う人いるじゃないですか。

いるんですよ。

僕もその一人です。

 

若くて身体的に不具合がなくて、他に席が空いているにもかかわらず

優先座席に座っている人がいる。

そういう人を見ると、

なぜその場所に座るんだ。

席に座るという日常的な動作でもそんなにも優先されたいのか。

若さがあるだけでこの世の中ある程度優先されているじゃないか。

僕なんかこれから先年老いるまで優先される事なんてないんだよ。

家に帰ったらまず猫の世話が優先されるし、

次に優先すべきは家事だろ。

ゲームしたり読書したりは寝る前のちょっとの時間だけで

それを優先しようものなら次の日に支障をきたすからそれも優先できない。

会社にいったらもちろん仕事が優先。

32歳になって誰も読んでいないブログにこうやってわだかまりをぶつけるしか

ないんだよ。

そんなにも優先されたいのならば「優先されたい」って缶バッチでも鞄につけてたらいいじゃないか。そしたらお前の学校の先生も優先して黒板の問題解かしてくれるよ。

 と、思う。

 

でもそれ以上にモヤモヤするのは、

優先されるべき年齢の方々が優先席に座らず悠々としている風景を見たとき。

これが本題。

 

優先しろ優先しろって言うから優先席ができてね、

そらもちろん老人や子連れ子供や怪我してたり病気があったりで

優先されるべき人はいっぱいいて、優先席自体に文句はない。

そういった人達が座りたいっていうなら僕はすぐにでも席を譲るし、

むしろどちらかといえば席を譲る行為自体は照れるから

一人で電車に乗っているときは空席が結構あったとしても

あんまり座ったりはしないんだけれども。

前にいい歳のおじさんに席を譲ろうとしたらごねられて

僕がこけそうになって結局僕がその場所にまた座り直す事になったりもしたから。

今思い出しても恥ずかしい。

しかもそのおじさんになんかにやついて頑に僕の前から離れなかったし。

お前は演奏中にギターを弾きながら笑顔でトータス松本を見つめるウルフルケイスケか。

違うか。

 

まあ、それよりも。

優先されるべき人はまず優先席にすわって欲しい。

だって、優先座席だから座るのやめておこうっつって立ってる人が何人かいて、

優先座席はガラガラなのに普通の席に年配の方々が我が物顔で座ってる。

この感じがすごい腹立つ。

すごい上から目線だよね。

その場所は僕たちの場所だけど別にこっち座ってても問題ないしって。

あれだよ。

砂場で遊んどきながら誰かがブランコしようとしたら急に急に砂場から走ってきて、

「それ俺予約してるし!」っつって涙目の少年をしりめにブランコしだすガキ大将みたい。

 

最初から優先されるべき人が優先されるところに座ってたら、

優先される人が座っていたその場所は優先されない達が安心して

座れる場所になるでしょ。

そうなれば車内もハッピー僕もハッピーのハッピーの坩堝になるわけで。

 

まあ、そんな感じでこの気持ちを優先して頂けたらいいなあ、と思う

午後3時過ぎ。

 

 

 

 

 

 

I君の話。

思い出

高校時代にI君という友人がいた。

 

僕は彼がとても好きで(といっても性的に好きな訳ではない、一応)、

高校時代によくつるんで遊んでいた。

 

そのI君の話を久しぶりにあった別の友人にしたところ、

 

「ああ、お前が嫌ってたやつやんな」

 

と言われ、勝手に衝撃を受けた。

僕の記憶の中では、I君を嫌っていた事などなかったからだ。

学校を抜けて一緒にタバコを吸いにいったり、

制服で商店街をうろついていたときに風俗店のおっさんに学生割引を進められた時にも

隣にはI君がいた。

 

よくよく話を聞いてみると、僕が始めてI君を見たときに

「あいつなんやねん、あんなんと一緒におるん絶対無理や」

と隣にいたその友人に対して漏らしていた、らしい。

 

確かにI君は特徴的な服装をしていて、

びっくりするぐらい学校で浮いていた。

 

どんな服装だったのかを書いてしまうとすぐ分かってしまうので、

あえてここでは書かないが、とりあえず浮いていたのは間違いない。

 

例えるなら、女性専用車両の中に全盛期のIZAMがいるような感じ。

LUNA SEAの中に真矢がいる感じ。いや、これはちがうな。

ふかわりょうバカリズムと雨上がり蛍原とバナナマン日村と南キャン山里の中に

草野仁が混ざってる感じ。もうよくわからん。

 

まあ、そんな感じで浮いていた。

 

でも僕はそんなI君がとても好きだった。

いつもどもっていて、

アウトローな兄貴を尊敬していて、

タバコを吸っているのを兄貴にばれると怒られるからといって

タバコを吸うときには眼鏡を律儀に外していて、

高校の図書保管庫に大量のエロ本があるのをなぜか知っていて、

そのうちの何冊かはいつの間にかI君の家にあって、

石丸元章が大好きで、

注目されるとスグに赤くなるのに注目されるような服装しかしていなくて、

高校卒業後は高級布団を売りまくると目を輝かせながら語っていた彼が大好きだった。

 

なぜ初めてのブログの内容がI君なのかは自分でもよくわからないが、

それだけ僕の記憶に染み付いているのだろう。

 

そういえば、妻と結婚する前の何度目かのデートのとき、

僕は綺麗なモヒカンにして浮かれていた。

そして、スリーピースのスーツだった。

今思い出しても最先端をいっている。

(あくまでも恥ずかしいとは思っていないし、あのときの僕の気持ちを慮ってもし恥ずかしいと思っていたとしても、そう思ってあげたくない。かっこいいぜ!12年前の僕!)

 

そのとき、妻は

「綺麗なニワトリみたいだね」

と最大級の賛辞を贈ってくれた。

 

最近妻とそのときの話をしていたのだが、

実際のところ、

「こいつなんやねん、こんなんと一緒におるん絶対無理や」

と思っていたらしい。

 

まあ、そう思っていた人間と結婚したのだから、

妻もどこかでおかしいのかもしれない、

と思った午前11時41分。