僕のソーセージを食べてくれないか

そうです。私が下品なおじさんです。

ソーセージに関しない事

トイレットペーパーを10㎝だけ残してトイレを出る人間は次の人のことを考えない自分本意な人間なのではなくとても我慢強い人間なのだという考察。

果たして自分にとっての我慢が出来る限界はどこなのか。ということを漠然と考えることがある。 ただその我慢というのは、いわゆる陰毛を1本ずつ抜かれるとか乳首を洗濯バサミで挟まれるとか耳たぶを噛まれるとかフェザータッチで焦らされるとか陰部には一切…

本日、会社を退勤いたしました。【退勤エントリ】

えー、突然の報告になりすいません。 すごい私事ではありますが、今日の朝から、つまりは今朝から勤めていた会社を退勤することと相成りました!退勤予定は17時、それまでのあいだは有休消化、といったところでしょうか。その有給の間に、この文章を書いてい…

納得のいく町紹介がないので、僕が文章だけで尼崎を紹介する。(約1万文字と長い割に内容は無に等しい)

貴方は尼崎を知っているか。 アメリカで生まれた。 オレはアメリカで生まれた。 オレはアメリカの時代遅れのおっさん。 こう歌ったのはブルース・スプリングティーンだけれど、これに倣っていうのであれば、 尼崎で生まれた。 僕は尼崎で生まれた。 僕は尼崎…

今週のお題が読書の秋だからって読書体験を書こうと思うのは早計。

今週のお題「読書の秋」 イケメンの由来が「イケてるメンズ」であり、しかしその「メンズ」はマンの複数形であるメンにさらに複数形を意味するSがついているのはメンズノンノという雑誌名が生んだ誤解である、みたいな話を聞き、なるほど面白いものだなあ、…

下ネタをテーマに文章を書いたら下品な文章ができてしまうのは当たり前。

そういえば半年ほど前に、こんな記事を書いた。 itamimati.hatenablog.com 母の日に則した「おかあさん」がテーマの、どうしようもない記事である。 その中で僕は「ちんぽ 感謝 プレゼント」で検索して到達出来るのはこの記事くらいだろう、みたいなことを適…

僕も自分に対して素直でありたいなあ、なんて。

僕が僕らしくあるために 「好きなものは好き!」と いえる気持ち抱きしめてたい とマッキーは歌っていたけれど、これを簡単に解釈すると「好きなものを好きということは、自分が自分らしくある為に重要なのだ」ということなのだろう。 他人に伝わりやすいも…

このブログは目覚ましテレビに紹介されていません。

事実と真実は違う、なんてことをいうけれど、では真実が事実でないのかといえばそうでもなく、また真実でありながらもそれが事実でもあるということもある。しかし別の視点で見れば事実であるものが真実ではないなんてこともざらにあり、では真実の定義を定…

イマジネーションをクリエーションすることでエモーションがどうたらこうたらで結果的に局部にローション。

お腹が出ている。これ以上ないくらいにお腹が出ている。 出ているものはお腹だけではなく、胸も出てきている。妻がいうには「そろそろブラジャーが必要なのでは」という程度のものである。気のせいかもしれないけれど、乳の肥大に伴って母性も芽生えているか…

まだ眼鏡のつる2本で生活してるの?

生活に余計なものはいらないよねつってミニマリストの門戸を叩く人はおおいけれど、僕に関しては昨日から眼鏡のつるすら1本でいいかって感じ。 そもそも眼鏡のつるが2本も必要なんだっていうのは僕にとってすごいくだらない常識のなかの1つで、 眼鏡ってい…

料理の写真を撮るブロガーはハメ撮りも得意なのでは、という勝手な決めつけ。

人は見た目で選んではいけないというけれど、大半の人は物を見た目で選ぶ。 だからこそ物を作る時にはディレクターが大衆に選ばれるような方向性を決めてデザイナーがよいと感じられるデザインを作り出すという流れが存在するし、そうしなければ実際によい物…

「これぞ本場の味!」と言われましても。

先日ネットで「本場の味を再現した麻婆豆腐レシピ」なる物を拝見し、なるほどこれをつくると本場の味が食べられるのかと意気揚々、自宅の冷蔵庫やスパイス置きをあさってみればその本場の味が再現出来る材料まで揃っていた。豆豉、花椒、豆板醤、生姜に塩漬…

これが料亭の味だ、みたいな記事はあまり参考にしないほうがいい。

先日、とある御礼にすこぶるよい牛肉を頂いた。 一目見ただけで「あ、これ高級な奴だ」と感じる類いのものである。 すき焼き用にスライスされていたが、一枚の肉がでかく分厚くしかし持ち上げると柔らかく、と、スタートラインに立った瞬間のウサイン・ボル…

母や父に感謝する日があるのなら、ちんぽに感謝する日があってもいい。

今週のお題「おかあさん」 このお題を読んでから上記のタイトルだけが思いついてもう数時間、何も書くことが思い浮かばず僕はパソコンの前から動けずにいるのだけれど、結局諦め席から立ち上がってトイレに向かった。 いつでるか、もうでるかと思いながら力…

「ここに記す」と書くだけで、くだらないことでも仰々しく感じられるという気付き。

手羽をご存知だろうか。 そう、その手羽で間違いない。甘辛く焼けばおつまみになり、フライにしてもマジ美味いあの手羽だ。 そしてこの世の中には手羽にまつわるいい話や格言がいくつもあるのだけれど、まず手始めに僕が一番好きなものをあげさせていただき…

猫のことを考えると家に帰りたくなる。

今週のお題「ねこ」 何か文章を書こうと思ってこのページを開くのだけれど、上手く書けない。 その理由は分かっている。 画面の左上に浮かんでいる「【お題】ニャン・ニャン・ニャン」 という文字が目に入ってしまい、集中出来ないからだ。 別にそんなもの気…

低温調理は確かにヤバい。

手を出すまいと決めていたものがいつの間にか手に入っていたときに人は狂うけれど、今の僕はもうとりあえず狂っている。朝起きてから寝るまでの間、基本的に考えていたことと言えば「ねえねえ奥さん、今日こそは僕の息子を舐めてくれないかなあ」というもの…

貴方には貴方のラブサンバディトゥナイがある。

絵に描いた餅、という言葉がある。 机上の空論、という言葉と同じ様な意味合いであり、いくら餅が美味しそうに描かれていてもそれが絵であるが故に食べられないからお腹が膨れない、すなわち役に立たないもの、というものの例えである。 ここから書く話は、…

サンリオのキャラを部門別に紹介したい。

サンリオ男子という深夜アニメを見始めてから、サンリオに対する興味が沸いてきている。 しかしサンリオ男子のよさをここでいくら書いてみても僕が面白いと思っているところをきちんと説明するのはとても難しいし、逆にファンの方々からは批判や顰蹙を買いそ…

「陰毛がサラサラやとモテるんやで」と浮浪者は言った。

婚活のパーティーなどにおいて、男は自己紹介プレートに年収をかく欄があって女性にはない、という話を聞いたことがある。そして最近また別の場所から、男は年収、女は得意料理を書くこともある、というのを聞いた。 だからといって、僕は別にそれが男女差別…

「我が輩は猫である」が「僕は猫だよ」になると、誰も読まない気がする。

昔の小説家の本を読んでいると、例えば今の時代に川端康成がいたら「伊豆の踊子」をどう書いたのだろうか、などど思う時がある。 それと同じ様に、今の時代に夏目漱石が「我が輩は猫である」を書いて発表したらどうなるか、というのも考えてみたりするんだけ…

誕生日のプレゼントが喜べない。

今日は僕の誕生日である。 通算35回目を迎えるこのイベントの最大の目玉はなんといってもプレゼント大会なのであるけれど、これが最近地味にストレスとなり、既に気が重くなってきている。 僕にプレゼントをくれる人間が2人いるのだけれど、内1人はもちろん…

物に愛着を持つ為のたった一つの方法。

我が家では夜のご飯は僕が作り、昼のご飯は妻が事務所で作るというルーティンが基本になっている。 なので家にある調理器具は必然的に僕が使う事が多くなり、そのため僕の好みで選んでいるものが多いのだけれど、その調理器具の中で一際愛着を持っている物が…

todoリスト、その弊害について書く。

仕事を円滑にこなすにはtodoリストをつくるのがよい、と言われる。 そのリスト通りにことが進むととても気持ちがよいらしい。 しかし。 締め切りが目前に迫っている仕事をさらに後回しにしてみると別の快楽が生まれることも、また確かなのである。 今も手つ…

今年の目標は「他人の不幸は蜜の味」からの脱却。

「ヘイ!shiri!おすすめの正月の過ごし方を教えて!」とワイモバイルで契約しているアンドロイドの携帯に話しかけていたら正月休みが終わってしまった。 年末から正月にかけて風邪を引き、鼻が壊滅的に壊れてしまったので料理が出来ず、代わりに唯一楽しめ…

耳の遠い祖父の家におつかいに行った話。

週末。 耳が遠いと評判の祖父の家に向かい、母から頼まれていた用事を済ました。 用事と言っても母の買ってきたお土産を祖父に渡すという、幼稚園児でも出来るような簡単な用事だ。 しかし、出来るというのと、したいというのは違う。できる事ならば、僕は祖…

俺とお前は魂斗羅スピリッツでいうビルとランス。

ここ最近ずっと、スーパーファミコンミニに悩まされている。 発売される前は予約するかどうかで悩み(結局予約しなかった)、発売直後はどうやったら手に入るかで悩み(結局ネットで見比べただけ)、発売からしばらくしてからは転売の価格が高いことに悩んだ…

エアコンの調子がどうこうよりもお前の笑顔にもう会いたくないという話。

現在我が家には猫が7匹いる。 そのため家の中を舞っている猫毛の量は、猫を1匹飼っている人と比べて単純計算で7倍になる。掃除機をかけると集塵パックはすぐ猫の毛でパンパンになるし、洗濯機の埃集めネットも同様であり、いくら掃除をしてもその傍から汚れ…

あの日会った外国人の名前を、僕は未だ知らない。

ある日母親から「弟の友達が実家に来るのだけれど、その友達という人があんたに会ってみたいと言っている。どうやら外国人らしい。だから来てもらえるか」という内容のラインが来た。 しかし当然ながら僕自身はその外国人の方に面識なんてもちろんないし、会…

缶コーヒー遊戯。

昨夜。 仕事帰りで後は家に帰るだけという状況にも関わらず、余りの寒さにビックリして妻と缶コーヒーを買おうという結論に辿り着いた。会社を出てものの3分程度でこのような結論に辿り着いたのだから、一言で言えばとても寒かったのだ。 しかしそもそも僕と…