読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われたくないと思った時点で、多分嫌われている。

愚痴とか、希望とか、思い出とか、好きな物とか、そんなものの寄せ集め。テリーヌみたいなもん。違うか。

足と心が痛くなった話。

日々の小言

趣味はなんですかと聞かれると、返答に困る。

 

履歴書にはいつも読書と映画鑑賞と書いていたけれども、

実際のところ読書家といえるほど本を読んでいるわけでもないし、

自慢できるほど映画を見ているわけでもない。

好きな作家は町田康中島らも開高健伊丹十三隆慶一郎とディックフランシスとっちゅうて会話がそこまで広がるとは思えんし、

天使にラブソングを2を14回見たというのは映画好きじゃなくて

ただの天使にラブソングを2のファンだっていうだけだし。

エーイノーマーウンテンハーイヤー!

漫画も読むけれど自慢できる程読んでるかっていえばそうでもない。

購読しているのはジャンプだけだし、集めている漫画の種類も少ない。

じゃあメジャーな漫画が好きなのかと聞かれれば、

そこも何となくうまく返事ができない。

マイナーな漫画でも好きものもあるし、かといってそれこそ熱狂的に好きなものがあるわけでもない。

ゲームもしているけれど未だにスーパーファミコンとプレステ1しかしていないし、

やっているソフトはファイナルファンタジーの5、6と俺の屍を超えていけくらいだし、かといってやり込んだりもせず、ただ夜の限られた時間を無駄にしているという贅沢感を味わいたいだけでコントローラーを握っている。

 

で。

 

他に趣味と言えて、かつ人に話しても引かれず、かつ会話を生み出せるものはなんだっちゅうて。

 

趣味ってのは自分の好きな事なんだから好きにすりゃあいいいじゃんってなもんで、

贅沢に時間使えてるんならそれはそれで立派な趣味だけれども、やっぱり人と話すときに会話が広げられないとそれは趣味と言えないのでないのかという葛藤と格闘。

 

ほんで僕がたどり着いた、今考えられるなかでのベストオブ趣味。趣味インザ趣味。

 

それが、散歩。

 

そう、散歩なんだけれども。

ほら、なんかバランスいい感じがするでしょ。

散策みたいな特別気取った感じもなくて、

ランニングみたいになにかに追いつめられている感じもなくて、

人間観察みたいに斜に構えた感じもない。

 

凄い趣味っぽい。

 

散策なんか、軽井沢だとか京都だとか、なんか特別な場所じゃないとできない感じあるじゃん?

ランニングだと皇居か大阪城公園にいかなきゃダメな感じあるじゃん?

人間観察が趣味っていう人、普通に話してても観察されてそうな感じあるじゃん?

 

で。

 

休日を利用して、散歩に行って。

これ、散歩の楽しみ方は人それぞれだと思うんだけど、

僕個人的な楽しみ方としては、何かに沿って歩くこと。

 

問題は何に沿うのかってことなのですが、

僕のおすすめはだんぜん川。

 

もうね、川楽しい。

昨日は猪名川っちゅう川を歩いてね。

 

亀とゴミと飛行機とゴミと鯉とゴミと蛍とゴミ。

川面を見つめて歩いてたら、

結局13kmほど歩いた。

ゴミと川を見ながら。

蛍がいるぐらいこの川の水綺麗ですよって書いてある看板の横にゴミ。

 

だからポイ捨てがダメなんだよ、ってわけではなくて、

いや、もちろんポイ捨てはダメなんだけど、

いくらダメだっていったところでポイ捨てはなくならないし、

痴漢アカンっていうても痴漢はなくならない。

 

だからもう愛でるしかないよね。

ゴミも、痴漢も。風景の一部だもん。

 

夢の国でゴミを拾ってるキャストが素敵みたいな話もあるけど、

実際夢の国でポイ捨てしてるやつがいるからそうなるんでしょ。

対処は確かにすばらしいけれど、あれだけ愛されてるはずの場所で、

ポイ捨てする人間がいるんだもん。

そういう人間は多分ポイ捨てするのが標準装備なんだよね、昨今のカーナビみたいに。

俺がポイ捨てするからこそ、あの人たちが活躍できるんだよ、みたいな事平気で言うでしょ。そんな人間に、どうやってポイ捨てをやめさせればいいのか分かんないもん。

 

だから受け入れるしかないんじゃないかって思って、僕。

 

サーカスを見るように、ポイ捨てする人を見る。

スポーツを見るように、ポイ捨てする人を見る。

 

華麗なポイ捨てには拍手と賛美を。

「すばらしい捨てっぷりだ!芸術的だね!どこでそのポイ捨て技術を?いやー、今まで見た中で一番素敵なポイ捨てだったよ!ハハ!」

 

恥ずかしそうにポイ捨てする人には、労いと助言を。

「どうした!頑張ってるじゃん!頑張って捨てられたじゃん!折角ポイ捨てできたんだから、もっと胸はって!頑張れよ!恥ずかしがんなよ!拾っちゃだめだよ、折角ポイ捨てしたんだから、ほら、ゴミ箱なんか探すなって!」

 

つってね。

ゴミが風景の一部なら、ゴミを生み出す人も風景の一部だから。

あそこのお寺は紅葉が綺麗っていうように、

あの駅周辺はポイ捨ての名人がいるっつって。

 

そうなれば、こう、夢の島も観光名所にって、違うか。

 

あかん、散歩の話や。

趣味の話や。

 

 ほんで今日、超足痛い。

 

少し話が変わるのだけれど、

阪神電車には武庫川駅という駅がある。

これが変な駅で、

川の上にある。

比喩でもなんでもなく、川の上の橋に駅がある。

 

で、その駅は武庫川の上にあって、

ある日の僕はそこから武庫川に沿って歩いていって、

西宮名塩に到達したんだけれど、

実はその西宮名塩から武田尾が有名なハイキングコースで、

でも西宮名塩についた時には日も暮れてたし、小雨も降っていたのもあって、

その日は電車で帰ってきました。

 

こないだ取引先の人に、

その話をしたら

「へー」

って言われてそこから無言で。